大型クラゲ(Nemopilema nomurai)を含むクラゲ類に関する
韓国国立水産科学院の情報(2012年度)

説明文はインターネット翻訳を用いたものです。正確を期すには韓国国立水産科学院のホームページをご参照ください。

2011年度の情報はこちらをご参照ください。

1 2 3 4 次へ

第247報

韓国沿岸におけるクラゲ情報(12月7日〜12月13日)漁業者クラゲモニタリング要員、地方自治体、水産協同組合中央会及び海洋警察庁の協力で収集/分析した資料である。)

<状況>
-慶南近海など4ヶ所で出現。
-出現水温: 平均10.74℃(範囲:10.66 〜 10.82℃)
-週間別変動: 11/29(3.2%)→12/6(2.6%)→12/13(2.9%)
※1.水温は12/7〜12/13に衛星で観測された表層水温資料を合成したものから抽出した値である。
※2.出現率は今週の全体回答者(140人)中、クラゲを観察した人数を百分率化した値で、大量出現の判断根拠には利用できない。

<今後の展望>
○エチゼンクラゲの自然消滅。

付録: 各地域別クラゲ出現率(%)
※出現率は、地域別にクラゲに関する情報提供者のうち、各クラゲの出現を目撃した人数を百分率化したものである。

エチゼンクラゲ ミズクラゲ その他クラゲ
仁川 0.0 0.0 0.0
京畿 0.0 0.0 0.0
忠南 0.0 0.0 0.0
全北 0.0 0.0 0.0
全南(西海ママ) 0.0 0.0 0.0
全南(南海ママ) 14.3 0.0 14.3
慶南 12.5 18.8 6.3
釜山 0.0 0.0 0.0
蔚山 0.0 0.0 0.0
慶北 0.0 0.0 11.8
江原道 0.0 0.0 0.0
済州島 14.3 0.0 0.0

掲載記事のアドレス
http://www.nifs.go.kr/bbs?id=jellynews&flag=pre&boardIdx=15363&site=&cPage=1
(クラゲ分布図の凡例  :エチゼンクラゲ,:ミズクラゲ, :ユウレイクラゲ,:キタミズクラゲ )
(クラゲ種別分布図の凡例 ●:エチゼンクラゲ 12月13日 12月6日 11月29日 ,:ミズクラゲ 12月13日 12月6日 11月29日 ,:その他クラゲ 12月13日 12月6日 11月29日 )

グラフ:ミズクラゲとエチゼンクラゲの出現頻度(2009〜2012)
縦軸 ミズクラゲ出現頻度(%)
横軸 
5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月
縦軸 エチゼンクラゲ出現頻度(%)
横軸 5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月

第246報

韓国沿岸におけるクラゲ情報(11月30日〜12月6日)漁業者クラゲモニタリング要員、地方自治体、水産協同組合中央会及び海洋警察庁の協力で収集/分析した資料である。)

<状況>
-慶南近海など4ヶ所で出現。
-出現水温: 平均14.05℃(範囲:12.26 〜 15.00℃)
-週間別変動: 11/22(7.9%)→11/29(3.2%)→12/6(2.6%)
※1.水温は11/30〜12/6に衛星で観測された表層水温資料を合成したものから抽出した値である。
※2.出現率は今週の全体回答者(155人)中、クラゲを観察した人数を百分率化した値で、大量出現の判断根拠には利用できない。

<今後の展望>
○エチゼンクラゲの自然消滅。

付録: 各地域別クラゲ出現率(%)
※出現率は、地域別にクラゲに関する情報提供者のうち、各クラゲの出現を目撃した人数を百分率化したものである。

エチゼンクラゲ ミズクラゲ その他クラゲ
仁川 0.0 0.0 0.0
京畿 0.0 0.0 0.0
忠南 0.0 0.0 0.0
全北 0.0 0.0 0.0
全南(西海ママ) 0.0 0.0 0.0
全南(南海ママ) 14.3 0.0 14.3
慶南 7.1 42.9 14.3
釜山 7.7 0.0 0.0
蔚山 0.0 0.0 0.0
慶北 0.0 4.5 0.0
江原道 0.0 0.0 0.0
済州島 12.5 0.0 0.0

掲載記事のアドレス
http://www.nifs.go.kr/bbs?id=jellynews&flag=pre&boardIdx=15362&site=&cPage=1
(クラゲ分布図の凡例  :エチゼンクラゲ,:ミズクラゲ, :ユウレイクラゲ )
(クラゲ種別分布図の凡例 ●:エチゼンクラゲ 12月6日 11月29日 11月22日 ,:ミズクラゲ 12月6日 11月29日 11月22日 ,:その他クラゲ 12月6日 11月29日 11月22日 )

グラフ:ミズクラゲとエチゼンクラゲの出現頻度(2009〜2012)
縦軸 ミズクラゲ出現頻度(%)
横軸 
5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月
縦軸 エチゼンクラゲ出現頻度(%)
横軸 5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月

第245報

韓国沿岸におけるクラゲ情報(11月23日〜11月29日)漁業者クラゲモニタリング要員、地方自治体、水産協同組合中央会及び海洋警察庁の協力で収集/分析した資料である。)

<状況>
-慶南近海など5ヶ所で出現。
-出現水温: 平均12.89℃(範囲:11.48 〜 14.14℃)
-週間別変動: 11/15(14.3%)→11/22(7.9%)→11/29(3.2%)
※1.水温は11/23〜11/29に衛星で観測された表層水温資料を合成したものから抽出した値である。
※2.出現率は今週の全体回答者(155人)中、クラゲを観察した人数を百分率化した値で、大量出現の判断根拠には利用できない。

<措置事項>
・エチゼンクラゲは自然消滅中であるが、小規模な密集出現の可能性があるので集中監視が必要。
・エチゼンクラゲは毒性が強いので皮膚接触に気を付けなければならない。

<今後の展望>
○エチゼンクラゲは、出現率の持続的な減少が予測される。
○エチゼンクラゲの地域的な密集出現及び漁業被害の可能性があるので、関連機関と漁業者の格別の注意及び迅速な報告が必要である。

付録: 各地域別クラゲ出現率(%)
※出現率は、地域別にクラゲに関する情報提供者のうち、各クラゲの出現を目撃した人数を百分率化したものである。

エチゼンクラゲ ミズクラゲ その他クラゲ
仁川 0.0 0.0 0.0
京畿 0.0 0.0 0.0
忠南 0.0 0.0 0.0
全北 0.0 5.3 0.0
全南(西海ママ) 0.0 0.0 0.0
全南(南海ママ) 20.0 0.0 20.0
慶南 6.3 25.0 12.5
釜山 10.0 0.0 10.0
蔚山 0.0 0.0 0.0
慶北 4.5 0.0 4.5
江原道 0.0 16.7 0.0
済州島 14.3 0.0 0.0

掲載記事のアドレス
http://www.nifs.go.kr/bbs?id=jellynews&flag=pre&boardIdx=15361&site=&cPage=1
(クラゲ分布図の凡例  :エチゼンクラゲ,:ミズクラゲ, :ユウレイクラゲ )
(クラゲ種別分布図の凡例 ●:エチゼンクラゲ 11月29日 11月22日 11月15日 ,:ミズクラゲ 11月29日 11月22日 11月15日 ,:その他クラゲ 11月29日 11月22日 11月15日 )

グラフ:ミズクラゲとエチゼンクラゲの出現頻度(2009〜2012)
縦軸 ミズクラゲ出現頻度(%)
横軸 
5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月
縦軸 エチゼンクラゲ出現頻度(%)
横軸 5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月

第244報

韓国沿岸におけるクラゲ情報(11月16日〜11月22日)漁業者クラゲモニタリング要員、地方自治体、水産協同組合中央会及び海洋警察庁の協力で収集/分析した資料である。)

<状況>
-慶南近海など 11ヶ所で出現。
-出現水温: 平均14.47℃(範囲:11.65 〜 17.08℃)
-週間別変動: 11/8(26.2%)→11/15(14.3%)→11/22(7.9%)
※1.水温は11/16〜11/22に衛星で観測された表層水温資料を合成したものから抽出した値である。
※2.出現率は今週の全体回答者(139人)中、クラゲを観察した人数を百分率化した値で、大量出現の判断根拠には利用できない。

<措置事項>
・エチゼンクラゲは自然消滅中であるが、小規模な密集出現の可能性があるので集中監視が必要。
・エチゼンクラゲは毒性が強いので皮膚接触に気を付けなければならない。

<今後の展望>
○エチゼンクラゲは、出現率の持続的な減少が予測される。
○エチゼンクラゲの地域的な密集出現及び漁業被害の可能性があるので、関連機関と漁業者の格別の注意及び迅速な報告が必要である。

付録: 各地域別クラゲ出現率(%)
※出現率は、地域別にクラゲに関する情報提供者のうち、各クラゲの出現を目撃した人数を百分率化したものである。

エチゼンクラゲ ミズクラゲ その他クラゲ
仁川 0.0 0.0 0.0
京畿 0.0 0.0 0.0
忠南 0.0 0.0 0.0
全北 0.0 5.9 0.0
全南(西海ママ) 0.0 0.0 0.0
全南(南海ママ) 75.0 0.0 50.0
慶南 25.0 25.0 16.7
釜山 18.2 0.0 0.0
蔚山 25.0 0.0 0.0
慶北 5.0 0.0 5.0
江原道 0.0 0.0 0.0
済州島 14.3 0.0 0.0

掲載記事のアドレス
http://www.nifs.go.kr/bbs?id=jellynews&flag=pre&boardIdx=15359&site=&cPage=1
(クラゲ分布図の凡例  :エチゼンクラゲ,:ミズクラゲ, :ユウレイクラゲ )
(クラゲ種別分布図の凡例 ●:エチゼンクラゲ 11月22日 11月15日 11月8日 ,:ミズクラゲ 11月22日 11月15日 11月8日 ,:その他クラゲ 11月22日 11月15日 11月8日 )

グラフ:ミズクラゲとエチゼンクラゲの出現頻度(2009〜2012)
縦軸 ミズクラゲ出現頻度(%)
横軸 
5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月
縦軸 エチゼンクラゲ出現頻度(%)
横軸 5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月

第243報

韓国沿岸におけるクラゲ情報(11月9日〜11月15日)漁業者クラゲモニタリング要員、地方自治体、水産協同組合中央会及び海洋警察庁の協力で収集/分析した資料である。)

<状況>
-慶南近海など 20ヶ所で出現。
-出現水温: 平均15.74℃(範囲:12.57 〜 19.74℃)
-週間別変動: 11/1(36.4%)→11/8(26.2%)⇒11/15(14.3%)
※1.水温は11/9〜11/15に衛星で観測された表層水温資料を合成したものから抽出した値である。
※2.出現率は今週の全体回答者(141人)中、クラゲを観察した人数を百分率化した値で、大量出現の判断根拠には利用できない。

<措置事項>
・エチゼンクラゲの集中監視及び関係機関のモニタリング報告。
・エチゼンクラゲは毒性が強いので皮膚接触に気を付けなければならない。

<今後の展望>
○エチゼンクラゲは、出現率の持続的な減少が予測される。
○エチゼンクラゲの地域的な密集出現及び漁業被害が予想されるので、関連機関と漁業者の格別の注意及び迅速な報告が必要である。

付録: 各地域別クラゲ出現率(%)
※出現率は、地域別にクラゲに関する情報提供者のうち、各クラゲの出現を目撃した人数を百分率化したものである。

エチゼンクラゲ ミズクラゲ その他クラゲ
仁川 0.0 0.0 0.0
京畿 0.0 0.0 0.0
忠南 0.0 0.0 0.0
全北 0.0 0.0 0.0
全南(西海ママ) 40.0 0.0 0.0
全南(南海ママ) 60.0 0.0 40.0
慶南 28.6 21.4 14.3
釜山 36.4 0.0 9.1
蔚山 66.7 0.0 0.0
慶北 28.6 0.0 7.1
江原道 0.0 0.0 0.0
済州島 20.0 0.0 0.0

掲載記事のアドレス
http://www.nifs.go.kr/bbs?id=jellynews&flag=pre&boardIdx=15358&site=&cPage=1
(クラゲ分布図の凡例  :エチゼンクラゲ,:ミズクラゲ, :アカクラゲ, :ユウレイクラゲ )
(クラゲ種別分布図の凡例 ●:エチゼンクラゲ 11月15日 11月8日 11月1日 ,:ミズクラゲ 11月15日 11月8日 11月1日 ,:その他クラゲ 11月15日 11月8日 11月1日 )

グラフ:ミズクラゲとエチゼンクラゲの出現頻度(2009〜2012)
縦軸 ミズクラゲ出現頻度(%)
横軸 
5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月
縦軸 エチゼンクラゲ出現頻度(%)
横軸 5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月

第242報

韓国沿岸におけるクラゲ情報(11月2日〜11月8日)漁業者クラゲモニタリング要員、地方自治体、水産協同組合中央会及び海洋警察庁の協力で収集/分析した資料である。)

<状況>
-慶南近海など 41ヶ所で出現。 全南(南海ママ)/慶南/蔚山一部地域密集出現。
-出現水温: 平均16.58℃(範囲:14.11 〜 21.54℃)
-週間別変動: 10/25(46.6%)→11/1(36.4%)→11/8(26.2%)
※1.水温は11/2〜11/8に衛星で観測された表層水温資料を合成したものから抽出した値である。
※2.出現率は今週の全体回答者(157人)中、クラゲを観察した人数を百分率化した値で、大量出現の判断根拠には利用できない。

<措置事項>
・エチゼンクラゲの集中監視及び関係機関のモニタリング報告。
・エチゼンクラゲは毒性が強いので皮膚接触に気を付けなければならない。

<今後の展望>
○エチゼンクラゲは、出現率の持続的な減少が予測される。
○エチゼンクラゲの地域的な密集出現及び漁業被害が予想されるので、関連機関と漁業者の格別の注意及び迅速な報告が必要である。

付録: 各地域別クラゲ出現率(%)
※出現率は、地域別にクラゲに関する情報提供者のうち、各クラゲの出現を目撃した人数を百分率化したものである。

エチゼンクラゲ ミズクラゲ その他クラゲ
仁川 6.3 0.0 0.0
京畿 0.0 0.0 0.0
忠南 13.3 0.0 0.0
全北 5.3 5.3 0.0
全南(西海ママ) 60.0 0.0 0.0
全南(南海ママ) 60.0 0.0 40.0
慶南 60.0 48.0 16.0
釜山 28.6 0.0 7.1
蔚山 50.0 0.0 0.0
慶北 42.1 0.0 5.3
江原道 0.0 0.0 0.0
済州島 40.0 0.0 0.0

掲載記事のアドレス
http://www.nifs.go.kr/bbs?id=jellynews&flag=pre&boardIdx=15357&site=&cPage=1
(クラゲ分布図の凡例  :エチゼンクラゲ,:ミズクラゲ, :アカクラゲ, :ユウレイクラゲ )
(クラゲ種別分布図の凡例 ●:エチゼンクラゲ 11月8日 11月1日 10月25日 ,:ミズクラゲ 11月8日 11月1日 10月25日 ,:その他クラゲ 11月8日 11月1日 10月25日 )

グラフ:ミズクラゲとエチゼンクラゲの出現頻度(2009〜2012)
縦軸 ミズクラゲ出現頻度(%)
横軸 
5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月
縦軸 エチゼンクラゲ出現頻度(%)
横軸 5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月

第241報

韓国沿岸におけるクラゲ情報(10月26日〜11月1日)漁業者クラゲモニタリング要員、地方自治体、水産協同組合中央会及び海洋警察庁の協力で収集/分析した資料である。)

<状況>
-慶南近海など63ヶ所で出現。全南(南海ママ)/蔚山/慶北/済州島一部地域密集出現。
-西海岸地域は減少。
-出現水温: 平均17.92℃(範囲:14.56 〜 21.89℃)
-週間別変動: 10/18(50.3%)→10/25(46.6%)→11/1(36.4%)
※1.水温は10/26〜11/1に衛星で観測された表層水温資料を合成したものから抽出した値である。
※2.出現率は今週の全体回答者(173人)中、クラゲを観察した人数を百分率化した値で、大量出現の判断根拠には利用できない。

<措置事項>
・エチゼンクラゲの集中監視及び関係機関のモニタリング報告。
・エチゼンクラゲは毒性が強いので皮膚接触に気を付けなければならない。

<今後の展望>
○エチゼンクラゲは、西海岸地域で出現減少が予想されるが、南海(ママ)及び東海(ママ)中南部海域は現出現率が維持されることが予測される。
○該当地域の漁業被害が予想されるので、関連機関と漁業者の格別の注意及び迅速な報告が必要である。

付録: 各地域別クラゲ出現率(%)
※出現率は、地域別にクラゲに関する情報提供者のうち、各クラゲの出現を目撃した人数を百分率化したものである。

エチゼンクラゲ ミズクラゲ その他クラゲ
仁川 17.6 0.0 0.0
京畿 0.0 0.0 0.0
忠南 11.8 0.0 0.0
全北 27.3 0.0 0.0
全南(西海ママ) 66.7 0.0 33.3
全南(南海ママ) 50.0 0.0 12.5
慶南 53.6 50.0 14.3
釜山 62.5 0.0 25.0
蔚山 80.0 0.0 0.0
慶北 59.1 4.5 0.0
江原道 16.7 16.7 0.0
済州島 42.9 14.3 0.0

掲載記事のアドレス
http://www.nifs.go.kr/bbs?id=jellynews&flag=pre&boardIdx=15356&site=&cPage=1
(クラゲ分布図の凡例  :エチゼンクラゲ,:ミズクラゲ, :アカクラゲ, :ユウレイクラゲ )
(クラゲ種別分布図の凡例 ●:エチゼンクラゲ 11月1日 10月25日 10月18日 ,:ミズクラゲ 11月1日 10月25日 10月18日 ,:その他クラゲ 11月1日 10月25日 10月18日)

グラフ:ミズクラゲとエチゼンクラゲの出現頻度(2009〜2012)
縦軸 ミズクラゲ出現頻度(%)
横軸 
5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月
縦軸 エチゼンクラゲ出現頻度(%)
横軸 5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月

第240報

韓国沿岸におけるクラゲ情報(10月19日〜10月25日)漁業者クラゲモニタリング要員、地方自治体、水産協同組合中央会及び海洋警察庁の協力で収集/分析した資料である。)

<状況>
-慶北近海など75ヶ所で出現。 全南(西海ママ)/全南(南海ママ)/蔚山/慶北一部地域密集出現。
-西海岸地域は減少。
-出現水温: 平均18.89℃(範囲:16.13 〜 22.12℃)
-週間別変動: 10/11(50.6%)→10/18(50.3%)→10/25(46.6%)
※1.水温は10/19〜10/25に衛星で観測された表層水温資料を合成したものから抽出した値である。
※2.出現率は今週の全体回答者(161人)中、クラゲを観察した人数を百分率化した値で、大量出現の判断根拠には利用できない。

<措置事項>
・エチゼンクラゲの集中監視及び関係機関のモニタリング報告。
・エチゼンクラゲは毒性が強いので皮膚接触に気を付けなければならない。

<今後の展望>
○エチゼンクラゲは、西海岸地域で出現減少が予想されるが、南海(ママ)及び東海(ママ)中南部海域は現出現率が維持されることが予測される。
○該当地域の漁業被害が予想されるので、関連機関と漁業者の格別の注意及び迅速な報告が必要である。

掲載記事のアドレス
http://www.nifs.go.kr/bbs?id=jellynews&flag=pre&boardIdx=15355&site=&cPage=1
(クラゲ分布図の凡例  :エチゼンクラゲ,:ミズクラゲ, :アカクラゲ, :ユウレイクラゲ )
(クラゲ種別分布図の凡例 ●:エチゼンクラゲ 10月25日 10月18日 10月11日 ,:ミズクラゲ 10月25日 10月18日 10月11日 ,:その他クラゲ 10月25日 10月18日 10月11日)

グラフ:ミズクラゲとエチゼンクラゲの出現頻度(2009〜2012)
縦軸 ミズクラゲ出現頻度(%)
横軸 
5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月
縦軸 エチゼンクラゲ出現頻度(%)
横軸 5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月

第239報

韓国沿岸におけるクラゲ情報(10月12日〜10月18日)漁業者クラゲモニタリング要員、地方自治体、水産協同組合中央会及び海洋警察庁の協力で収集/分析した資料である。)

<状況>
-慶北近海など 81ヶ所で出現。 全南(西海ママ)/全南(南海ママ)/慶南/釜山/蔚山/慶北一部地域密集出現。
-西海岸地域はおおむね減少。
-出現水温: 平均19.84℃(範囲:14.70 〜 24.08℃)
-週間別変動: 10/4(39.6%)→10/11(50.6%)→10/18(50.3%)
※1.水温は10/12〜10/18に衛星で観測された表層水温資料を合成したものから抽出した値である。
※2.出現率は今週の全体回答者(161人)中、クラゲを観察した人数を百分率化した値で、大量出現の判断根拠には利用できない。

<措置事項>
・エチゼンクラゲの集中監視及び関係機関のモニタリング報告。
・エチゼンクラゲは毒性が強いので皮膚接触に気を付けなければならない。

<今後の展望>
○エチゼンクラゲは、西海岸地域で出現減少が予想されるが、南海(ママ)及び東海(ママ)中南部海域は現出現率が維持されることが予測される。
○該当地域の漁業被害が予想されるので、関連機関と漁業者の格別の注意及び迅速な報告が必要である。

付録: 各地域別クラゲ出現率(%)
※出現率は、地域別にクラゲに関する情報提供者のうち、各クラゲの出現を目撃した人数を百分率化したものである。

エチゼンクラゲ ミズクラゲ その他クラゲ
仁川 25.0 0.0 0.0
京畿 11.1 0.0 0.0
忠南 14.3 7.7 0.0
全北 52.9 0.0 0.0
全南(西海ママ) 72.0 0.0 0.0
全南(南海ママ) 85.7 0.0 14.3
慶南 59.4 59.4 12.5
釜山 61.5 0.0 7.7
蔚山 80.0 0.0 0.0
慶北 95.2 4.8 0.0
江原道 50.0 0.0 0.0
済州島 60.0 0.0 0.0

掲載記事のアドレス
http://www.nifs.go.kr/bbs?id=jellynews&flag=pre&boardIdx=15354&site=&cPage=1
(クラゲ分布図の凡例  :エチゼンクラゲ,:ミズクラゲ, :アカクラゲ, :ユウレイクラゲ )
(クラゲ種別分布図の凡例 ●:エチゼンクラゲ 10月18日 10月11日 10月4日 ,:ミズクラゲ 10月18日 10月11日 10月4日 ,:その他クラゲ 10月18日 10月11日 10月4日)

グラフ:ミズクラゲとエチゼンクラゲの出現頻度(2009〜2012)
縦軸 ミズクラゲ出現頻度(%)
横軸 
5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月
縦軸 エチゼンクラゲ出現頻度(%)
横軸 5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月

ページの先頭へ

1 2 3 4 次へ