大型クラゲ(Nemopilema nomurai)を含むクラゲ類に関する
韓国国立水産科学院の情報(2016年度)

説明文はインターネット翻訳を用いたものです。正確を期すには韓国国立水産科学院のホームページをご参照ください。

2015年度の情報はこちらをご参照ください。

1 2 3 4 5 次へ

第388報

韓国沿岸におけるクラゲ情報(2016年12月08日)
-12月02日〜12月08日漁業者クラゲモニタリング要員及び地方自治体の協力による収集/分析資料である-

<状況>
・低密度出現海域
-全南、ソリ島沿岸
-慶南、鎮海湾/旧助羅沿岸

・出現率:11/24(2.08%) → 12/01(0.75%)→ 12/08(2.10%)

※出現率は今週調査された393人中回答者143人でクラゲを観察した人数を百分率化した値で参考にすることはできるが、大量出現の決定的判断根拠には利用できない。

付録1: 各地域別クラゲ出現率(%)

エチゼンクラゲ ミズクラゲ その他クラゲ
仁川 - - -
京畿 - - -
忠南 - - -
全北 - - -
全南(西海ママ) - - -
全南(南海ママ) 33.3 - -
慶南 5.88 2.94 -
釜山 - 9.09 -
蔚山 - - -
慶北 - 11.1 -
江原道 - 8.00 -
済州島 - - -

掲載記事のアドレス
http://www.nifs.go.kr/bbs?id=jellynews&flag=pre&boardIdx=18250&site=&cPage=1

付録2:今週のクラゲ分布図
(クラゲ分布図の凡例 :エチゼンクラゲ, :ミズクラゲ密集出現地域, :ミズクラゲ)
付録3:主要クラゲ分布の週間変動
(クラゲ種別分布図の凡例:エチゼンクラゲ 11月24日 12月01日 12月08日,:ミズクラゲ密集出現地域, :ミズクラゲ 11月24日 12月01日 12月08日,その他クラゲ:11月24日(なし) 12月01日(なし) 12月08日(なし)

付録4:エチゼンクラゲとミズクラゲの出現頻度年変動

縦軸 エチゼンクラゲ出現頻度(%)
横軸 5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月
縦軸 ミズクラゲ出現頻度(%)
横軸 5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月

第387報

韓国沿岸におけるクラゲ情報(2016年12月01日)
-11月25日〜12月01日漁業者クラゲモニタリング要員及び地方自治体の協力による収集/分析資料である-

<状況>
・低密度出現海域
-慶北、沙洞沿岸

・出現率:11/17(2.74%) → 11/24(2.08%)→ 12/01(0.75%)

※出現率は今週調査された393人中回答者133人でクラゲを観察した人数を百分率化した値で参考にすることはできるが、大量出現の決定的判断根拠には利用できない。

□今後の展望
○ミズクラゲおよびエチゼンクラゲ、12月まで少量出現

付録1: 各地域別クラゲ出現率(%)

エチゼンクラゲ ミズクラゲ その他クラゲ
仁川 - - -
京畿 - - -
忠南 - 7.69 -
全北 - - -
全南(西海ママ) - - -
全南(南海ママ) - 20.0 -
慶南 - 16.6 -
釜山 - - -
蔚山 - - -
慶北 7.14 14.2 -
江原道 - 20.8 -
済州島 - - -

掲載記事のアドレス
http://www.nifs.go.kr/bbs?id=jellynews&flag=pre&boardIdx=18230&site=&cPage=1

付録2:今週のクラゲ分布図
(クラゲ分布図の凡例 :エチゼンクラゲ, :ミズクラゲ密集出現地域, :ミズクラゲ)
付録3:主要クラゲ分布の週間変動
(クラゲ種別分布図の凡例:エチゼンクラゲ 11月17日 11月24日 12月01日,:ミズクラゲ密集出現地域, :ミズクラゲ 11月17日 11月24日 12月01日,その他クラゲ:11月17日(なし) 11月24日(なし) 12月01日(なし)

付録4:エチゼンクラゲとミズクラゲの出現頻度年変動

縦軸 エチゼンクラゲ出現頻度(%)
横軸 5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月
縦軸 ミズクラゲ出現頻度(%)
横軸 5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月

第386報

韓国沿岸におけるクラゲ情報(2016年11月24日)
-11月18日〜11月24日漁業者クラゲモニタリング要員及び地方自治体の協力による収集/分析資料である-

<状況>
・低密度出現海域
-京畿、紫月島沿岸
-全南、ソリ島沿岸
-江原、墨湖沿岸
・出現率:11/10(3.37%) → 11/17(2.74%)→ 11/24(2.08%)

※出現率は今週調査された393人中回答者144人でクラゲを観察した人数を百分率化した値で参考にすることはできるが、大量出現の決定的判断根拠には利用できない。

□今後の展望
○ミズクラゲおよびエチゼンクラゲ、12月まで少量出現

付録1: 各地域別クラゲ出現率(%)

エチゼンクラゲ ミズクラゲ その他クラゲ
仁川 - - -
京畿 9.09 - -
忠南 - 6.67 -
全北 - - -
全南(西海ママ) - - -
全南(南海ママ) 33.3 - -
慶南 - 10.7 -
釜山 - 9.09 -
蔚山 - - -
慶北 - 19.0 -
江原道 5.00 10.0 -
済州島 - - -

掲載記事のアドレス
http://www.nifs.go.kr/bbs?id=jellynews&flag=pre&boardIdx=18229&site=&cPage=1

付録2:今週のクラゲ分布図
(クラゲ分布図の凡例 :エチゼンクラゲ, :ミズクラゲ密集出現地域, :ミズクラゲ)
付録3:主要クラゲ分布の週間変動
(クラゲ種別分布図の凡例:エチゼンクラゲ 11月10日 11月17日 11月24日,:ミズクラゲ密集出現地域, :ミズクラゲ 11月10日 11月17日 11月24日,その他クラゲ:11月10日(なし) 11月17日(なし) 11月24日(なし)

付録4:エチゼンクラゲとミズクラゲの出現頻度年変動

縦軸 エチゼンクラゲ出現頻度(%)
横軸 5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月
縦軸 ミズクラゲ出現頻度(%)
横軸 5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月

第385報

韓国沿岸におけるクラゲ情報(2016年11月17日)
-11月11日〜11月17日漁業者クラゲモニタリング要員及び地方自治体の協力による収集/分析資料である-

<状況>
・低密度出現海域
-忠南、泰安 格列飛列島沿岸
・出現率:11/03(7.25%) → 11/10(3.37%)→ 11/17(2.74%)

※出現率は今週調査された162人中回答者73人でクラゲを観察した人数を百分率化した値で参考にすることはできるが、大量出現の決定的判断根拠には利用できない。

□今後の展望
○ミズクラゲおよびエチゼンクラゲ、12月まで少量出現

付録1: 各地域別クラゲ出現率(%)

エチゼンクラゲ ミズクラゲ その他クラゲ
仁川 - - -
京畿 - - -
忠南 20.0 10.0 -
全北 - - -
全南(西海ママ) - - -
全南(南海ママ) - - -
慶南 - 23.0 -
釜山 - 10.0 -
蔚山 - - -
慶北 - - -
江原道 - - -
済州島 - - -

掲載記事のアドレス
http://www.nifs.go.kr/bbs?id=jellynews&flag=pre&boardIdx=18207&site=&cPage=1

付録2:今週のクラゲ分布図
(クラゲ分布図の凡例 :エチゼンクラゲ, :ミズクラゲ密集出現地域, :ミズクラゲ)
付録3:主要クラゲ分布の週間変動
(クラゲ種別分布図の凡例:エチゼンクラゲ 11月03日 11月10日 11月17日,:ミズクラゲ密集出現地域, :ミズクラゲ 11月03日 11月10日 11月17日,その他クラゲ:11月03日(なし) 11月10日(なし) 11月17日(なし)

付録4:エチゼンクラゲとミズクラゲの出現頻度年変動

縦軸 エチゼンクラゲ出現頻度(%)
横軸 5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月
縦軸 ミズクラゲ出現頻度(%)
横軸 5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月

第384報

韓国沿岸におけるクラゲ情報(2016年11月10日)
-11月4日〜11月11日漁業者クラゲモニタリング要員及び地方自治体の協力による収集/分析資料である-

<状況>
・低密度出現海域
-仁川、蘇爺島/ペクリョン島沿岸
-全南、ソリ島沿岸
-慶北、迎日湾沿岸
・出現率:10/27(3.5%) → 11/03(7.25%)→ 11/10(3.37%)

※出現率は今週調査された393人中回答者89人でクラゲを観察した人数を百分率化した値で参考にすることはできるが、大量出現の決定的判断根拠には利用できない。

□今後の展望
○ミズクラゲおよびエチゼンクラゲ、12月まで少量出現

付録1: 各地域別クラゲ出現率(%)

エチゼンクラゲ ミズクラゲ その他クラゲ
仁川 14.2 - -
京畿 - - -
忠南 - - -
全北 - - -
全南(西海ママ) - - -
全南(南海ママ) 25.0 25.0 -
慶南 - 14.2 -
釜山 - 11.1 -
蔚山 - - -
慶北 7.14 - -
江原道 - - -
済州島 - - -

掲載記事のアドレス
http://www.nifs.go.kr/bbs?id=jellynews&flag=pre&boardIdx=18188&site=&cPage=1

付録2:今週のクラゲ分布図
(クラゲ分布図の凡例 :エチゼンクラゲ, :ミズクラゲ, :アカクラゲ)
付録3:主要クラゲ分布の週間変動
(クラゲ種別分布図の凡例:エチゼンクラゲ 10月27日 11月03日 11月10日,:ミズクラゲ密集出現地域, :ミズクラゲ 10月27日 11月03日 11月10日,その他クラゲ:10月27日(アカクラゲ) 11月03日(なし) 11月10日(なし)

付録4:エチゼンクラゲとミズクラゲの出現頻度年変動

縦軸 エチゼンクラゲ出現頻度(%)
横軸 5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月
縦軸 ミズクラゲ出現頻度(%)
横軸 5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月

第383報

韓国沿岸におけるクラゲ情報(2016年11月03日)
-10月28日〜11月3日漁業者クラゲモニタリング要員及び地方自治体の協力による収集/分析資料である-

<状況>
・低密度出現海域
-忠南、鹿島沿岸
-全北、十二東波島/蝟島沿岸
-全南、大黒山島/ソリ島沿岸
-釜山、太宗台沿岸
-慶北、迎日湾沿岸
-江原、江陵松亭浜辺/墨湖沿岸
-済州、牛島沿岸
・出現率:10/20(9.17%) → 10/27(3.5%)→ 11/03(7.25%)

※出現率は今週調査された393人中回答者170人でクラゲを観察した人数を百分率化した値で参考にすることはできるが、大量出現の決定的判断根拠には利用できない。

□措置事項
○2016年11月2日クラゲ注意報全面解除
-2016年10月18日、全南・全北、慶南ミズクラゲ注意報解除
(全南、得粮湾維持)
-2016年11月2日全南、得粮湾ミズクラゲ注意報解除
-2016年11月2日慶南、巨済、釜山、蔚山、慶北含むエチゼンクラゲ注意報解除

□今後の展望
○ミズクラゲおよびエチゼンクラゲ12月まで少量出現

付録1: 各地域別クラゲ出現率(%)

エチゼンクラゲ ミズクラゲ その他クラゲ
仁川 - - -
京畿 - - -
忠南 9.09 - -
全北 14.2 - -
全南(西海ママ) 50.0 - -
全南(南海ママ) 14.2 28.5 -
慶南 - 24.2 -
釜山 12.5 - -
蔚山 - - -
慶北 5.88 - -
江原道 12.5 - -
済州島 14.2 - -

掲載記事のアドレス
http://www.nifs.go.kr/bbs?id=jellynews&flag=pre&boardIdx=18187&site=&cPage=1

付録2:今週のクラゲ分布図
(クラゲ分布図の凡例 :ミズクラゲ密集出現地域, :エチゼンクラゲ, :ミズクラゲ, :アカクラゲ)
付録3:主要クラゲ分布の週間変動
(クラゲ種別分布図の凡例:エチゼンクラゲ密集出現地域,:エチゼンクラゲ 10月20日 10月27日 11月03日,:ミズクラゲ密集出現地域, :ミズクラゲ 10月20日 10月27日 11月03日,その他クラゲ:10月20日(なし) 10月27日(アカクラゲ) 11月03日(なし)

付録4:エチゼンクラゲとミズクラゲの出現頻度年変動

縦軸 エチゼンクラゲ出現頻度(%)
横軸 5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月
縦軸 ミズクラゲ出現頻度(%)
横軸 5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月

第382報

エチゼンクラゲおよびミズクラゲ注意報解除 (2016年11月02日)

□根拠
○国家危機管理基本指針(大統領訓令第124条)、農漁業災害対策法(第2条)、災難および安全管理基本法(第3条)に基づいた「海洋水産部クラゲ大量発生による漁業被害危機対応マニュアル」の「第1章6節警報解除伝播」

□クラゲ注意報解除
○ 2016年11月2日を期して慶南、巨済〜釜山および蔚山〜慶北、浦項海域に発令されたエチゼンクラゲ注意報解除および全南得粮湾に発令されたミズクラゲ注意報を解除
-慶南:0.05個体/100u以下(2016.10.20.)
-釜山および蔚山:出現なし(2016.10.17、2016.10.31.)
-浦項:刺網500m当たり1個体(0.2個体/100u(2016.10.20.)
-全南、得粮湾:出現なし(2016.10.27.)

第381報

韓国沿岸におけるクラゲ情報(2016年10月27日)
-10月21日〜10月27日漁業者クラゲモニタリング要員及び地方自治体の協力による収集/分析資料である-

<状況>
・低密度出現海域
-仁川、徳積島沿岸
-京畿、大阜島/豊島沿岸
-忠南、鹿島沿岸
-釜山、太宗台沿岸
・出現率:10/13(6.06%) → 10/20(9.17%)→ 10/27(3.5%)

※出現率は今週調査された393人中回答者178人でクラゲを観察した人数を百分率化した値で参考にすることはできるが、大量出現の決定的判断根拠には利用できない。

□措置事項
○国立水産科学院は、2016年5月12日付からエチゼンクラゲが出現した東シナ海特定点に衛星追跡漂流ブイを投下して時間別に水が流れを追跡しています。 クラゲの移動経路の参考資料として活用しています(付録5.).

○ミズクラゲ注意報解除
-2016年10月18日、全羅南・北道および慶尚南道海域のミズクラゲ注意報解除
-全羅南道、得粮湾海域は注意報維持
※注意報発令海域
-2016年6月2日、慶南 固城郡 紫蘭湾および固城湾海域
-2016年7月7日、全北全体海域
-2016年7月27日、慶南全体海域
-2016年7月27日、全南全体海域
○エチゼンクラゲは注意報解除検討
※注意報発令海域
-2016年8月5日、慶南 巨済 釜山 蔚山 慶北 浦項海域
□地方自治体、漁業者などの協力事項
○大量出現および漁業被害発生時直ちに通知願う
○クラゲ注意報発令にともなうモニタリング強化および除去作業実行願う

□今後の展望
○ミズクラゲおよびエチゼンクラゲ出現減少予想

付録1: 各地域別クラゲ出現率(%)

エチゼンクラゲ ミズクラゲ その他クラゲ
仁川 16.6 - -
京畿 16.6 - -
忠南 6.25 - -
全北 - - -
全南(西海ママ) - - -
全南(南海ママ) - 80.0 -
慶南 - 21.8 -
釜山 7.14 14.2 -
蔚山 - - -
慶北 - - -
江原道 - 10.5 5.26
済州島 - - -

掲載記事のアドレス
http://www.nifs.go.kr/bbs?id=jellynews&flag=pre&boardIdx=18149&site=&cPage=1

付録2:今週のクラゲ分布図
(クラゲ分布図の凡例 :エチゼンクラゲ密集出現地域,:ミズクラゲ密集出現地域, :エチゼンクラゲ, :ミズクラゲ, :アカクラゲ)
付録3:主要クラゲ分布の週間変動
(クラゲ種別分布図の凡例:エチゼンクラゲ密集出現地域,:エチゼンクラゲ 10月13日 10月20日 10月27日,:ミズクラゲ密集出現地域, :ミズクラゲ 10月13日 10月20日 10月27日,その他クラゲ:10月13日(アカクラゲ) 10月20日(なし) 10月27日(アカクラゲ)

付録4:エチゼンクラゲとミズクラゲの出現頻度年変動

縦軸 エチゼンクラゲ出現頻度(%)
横軸 5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月
縦軸 ミズクラゲ出現頻度(%)
横軸 5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月

付録5:漂流ブイ移動軌跡
東シナ海投下(水深5m)後、10月22日現在までの漂流ブイ移動軌跡
● 一日移動軌跡
★ ブイ投下位置
△ 現在位置

第380報

韓国沿岸におけるクラゲ情報(2016年10月20日)
-10月14日〜10月20日漁業者クラゲモニタリング要員及び地方自治体の協力による収集/分析資料である-

<状況>
・低密度出現海域
-仁川、徳積島沿岸
-京畿、大阜島沿岸
-忠南、格列飛列島沿岸
-全南、大黒山島沿岸
-慶南、馬山合浦/旧助羅/彌助沿岸
-釜山、太宗台沿岸
-江原、墨湖沿岸
・出現率:10/6(23.81%) → 10/13(6.06%)→ 10/20(9.17%)

※出現率は今週調査された393人中回答者120人でクラゲを観察した人数を百分率化した値で参考にすることはできるが、大量出現の決定的判断根拠には利用できない。

□措置事項
○国立水産科学院は、2016年5月12日付からエチゼンクラゲが出現した東シナ海特定点に衛星追跡漂流ブイを投下して時間別に水が流れを追跡しています。 クラゲの移動経路の参考資料として活用しています(付録5.).

○ミズクラゲ注意報解除
-2016年10月18日、全羅南・北道および慶尚南道海域のミズクラゲ注意報解除
-全羅南道、得粮湾海域は注意報維持
※注意報発令海域
-2016年6月2日、慶南 固城郡 紫蘭湾および固城湾海域
-2016年7月7日、全北全体海域
-2016年7月27日、慶南全体海域
-2016年7月27日、全南全体海域
○エチゼンクラゲは近日内に注意報解除検討中
※注意報発令海域
-2016年8月5日、慶南 巨済 釜山 蔚山 慶北 浦項海域
□地方自治体、漁業者などの協力事項
○大量出現および漁業被害発生時直ちに通知願う
○クラゲ注意報発令にともなうモニタリング強化および除去作業実行願う

□今後の展望
○ミズクラゲおよびエチゼンクラゲ出現減少予想

付録1: 各地域別クラゲ出現率(%)

エチゼンクラゲ ミズクラゲ その他クラゲ
仁川 20.0 - -
京畿 14.2 - -
忠南 8.33 - -
全北 - - -
全南(西海ママ) 33.3 - -
全南(南海ママ) - 100 -
慶南 13.0 17.3 -
釜山 14.2 14.2 -
蔚山 - - -
慶北 - - -
江原道 15.7 10.53 -
済州島 - - -

掲載記事のアドレス
http://www.nifs.go.kr/bbs?id=jellynews&flag=pre&boardIdx=18148&site=&cPage=1

付録2:今週のクラゲ分布図
(クラゲ分布図の凡例 :エチゼンクラゲ密集出現地域,:ミズクラゲ密集出現地域, :エチゼンクラゲ, :ミズクラゲ, :アカクラゲ,:ビゼンクラゲ)

付録3:主要クラゲ分布の週間変動
(クラゲ種別分布図の凡例:エチゼンクラゲ密集出現地域,:エチゼンクラゲ 10月6日 10月13日 10月20日,:ミズクラゲ密集出現地域, :ミズクラゲ 10月6日 10月13日 10月20日,その他クラゲ:10月6日(アカクラゲ、ビゼンクラゲ) 10月13日(アカクラゲ) 10月20日(なし)

付録4:エチゼンクラゲとミズクラゲの出現頻度年変動

縦軸 エチゼンクラゲ出現頻度(%)
横軸 5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月
縦軸 ミズクラゲ出現頻度(%)
横軸 5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月

付録5:漂流ブイ移動軌跡
東シナ海投下(水深5m)後、10月19日現在までの漂流ブイ移動軌跡
● 一日移動軌跡
★ ブイ投下位置
△ 現在位置

ページの先頭へ

1 2 3 4 5 次へ