大型クラゲ(Nemopilema nomurai)を含むクラゲ類に関する
韓国国立水産科学院の情報(2020年度)

説明文はインターネット翻訳を用いたものです。正確を期すには韓国国立水産科学院のホームページをご参照ください。

2019年度の情報はこちらをご参照ください。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

第531報

2020年6月16日 済州、全南海域に発令されたエチゼンクラゲ注意報を解除する。(2020年10月16日)

■根拠
○海洋水産部「クラゲ大量発生による漁業および海水浴客刺される被害」危機対応マニュアル(2019年7月)

掲載記事のアドレス
http://www.nifs.go.kr/bbs?id=jellynews&flag=pre&boardIdx=18277&site=&cPage=1&view_gubn=cms

第530報

韓国沿岸におけるクラゲ情報(2020年10月15日)
-10月09日〜10月15日漁業者クラゲモニタリング要員及び地方自治体の協力による収集/分析資料である-

<状況>
○西海・南海・東海(原文ママ)・済州出現
・高密度出現海域
-忠南、泰安甕島近海
-慶南、巨済外島付近
・低密度出現海域
-仁川、舞衣島近海
-京畿、安山鶉島付近、安山、大阜島-霊興島の間
-忠南、泰安、安眠島付近
-慶南、南海弥助面、櫓島沿岸、固城紫蘭島付近
-慶南、統営、欲知島-比珍島の間、頭尾島、蛇梁島沿岸
-慶南、統営小知島、楸島付近、巨済、只心島付近、昌原哨里島付近
-釜山、加徳島、五六島近海、広安里海水浴場沿岸
-蔚山、朱田洞沿岸
-慶北、浦項月浦海岸-大甫港沿岸、浦項87海区
-慶北、九龍浦港沿岸、厚浦里、迎日湾、七浦港近海
-江原、望祥海水浴場沿岸、墨湖港、東海港沿岸
-済州、済州市近海

・出現率:9/29(37.3%) →10/8(31.1%) →10/15(16.9%)
※出現率は今週漁業者であるモニタリング要 員回答者(166人)中クラゲを観察した人数を百分率化した値で、大量出現の判断根拠に利用されることができない。


■措置事項
○エチゼンクラゲ注意報発令
○ (済州、全南、慶南:6.16/釜山:7.29/蔚山、慶北:8.7/江原:8.19)
○ミズクラゲ注意報発令(全南、得糧湾、慶南南海〜巨済/6.16)
○慶南海域は局地的クラゲ出現増加でモニタリング強化

■今後の展望
○エチゼンクラゲは注意報が発令された済州、全南はまもなく消滅、慶南、釜山〜慶北海域にエチゼンクラゲ少量持続流入
○ミズクラゲは全海域徐々に減少傾向


付録1:出現クラゲ分布図
(クラゲ分布図の凡例:エチゼンクラゲ密集出現地域,:ミズクラゲ密集出現地域,:エチゼンクラゲ,:ミズクラゲ,:ユウレイクラゲ,:ウリクラゲ,:アカクラゲ)

付録2:エチゼンクラゲとミズクラゲの出現頻度年変動

縦軸 エチゼンクラゲ出現頻度(%)
横軸 5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月
縦軸 ミズクラゲ出現頻度(%)
横軸 5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月

付録3:各地域別クラゲ出現率(%)

エチゼンクラゲ ミズクラゲ その他クラゲ
仁川 7.7 - -
京畿 16.7 - -
忠南 25.0 - -
全北 - - -
全南 - 20.0 -
慶南 26.3 5.3 -
釜山 27.3 - -
蔚山 20.0 - -
慶北 20.8 8.3 -
江原道 27.3 9.1 -
済州島 50.0 - -

<備考>
(地域別応答人員のうちクラゲの種類別発見者÷地域別応答人員)×100=地域別クラゲの種類別出現率
※クラゲ発見者が二つ以上の種を発見時それぞれのクラゲ出現率に反映される。
※モニタリング要員所属地域と操業地域が違うこともある。

掲載記事のアドレス
http://www.nifs.go.kr/jellyfish/jemo_news_detail.jsp?news_seq=2020101500&cPage=2

付録4:主要クラゲ分布の週間変動
(クラゲ種別分布図の凡例:エチゼンクラゲ 9月29日,10月8日,10月15日,:ミズクラゲ 9月29日,10月8日, 10月15日,その他クラゲ:9月29日(アカクラゲ),10月8日(ユウレイクラゲ,ウリクラゲ),10月15日(出現なし))

第529報

韓国沿岸におけるクラゲ情報(2020年10月08日)
-09月30日〜10月08日漁業者クラゲモニタリング要員及び地方自治体の協力による収集/分析資料である-

<状況>
○西海・南海・東海(原文ママ)出現
・高密度出現海域
-慶南、統営、閑山島、晩地島、楸島、比珍島付近
-慶南、巨済外島付近
-釜山、海雲台海水浴場付近
-江原、墨湖港沿岸
・低密度出現海域
-仁川、八尾島、徳積島、松島付近、舞衣島、紫月島近海
-京畿、安山、大阜島-霊興島の間、平沢、平沢港付近
-忠南、泰安、安眠島付近
-全南、珍島、チュクト-独巨島間、莞島、金塘面沿岸
-全南、高興、羅老島宇宙センター付近、順天、順天湾沿岸
-慶南、河東大島付近、南海弥助面沿岸、泗川、西浦面、三千浦沿岸
-慶南、固城紫蘭湾付近、統営、欲知島-比珍島の間
-釜山、影島、松亭沿岸、海雲台-青沙浦の間
-蔚山、朱田港、亭子港沿岸
-慶北、慶州月城原子力発電所付近、浦項月浦海岸-大宝港沿岸、浦項、迎日湾、河亭村沿岸
-慶北、浦項、九龍浦近海、蔚珍厚浦、沙洞里-箕城里沿岸、蔚珍沙洞港近海
-江原、三陟大津港、徳山港近海、江陵、注文津沿岸

・出現率:9/24(46.7%) →9/29(37.3%) →10/8(31.1 %)
※出現率は今週漁業者であるモニタリング要 員回答者(151人)中クラゲを観察した人数を百分率化した値で、大量出現の判断根拠に利用されることができない。


■措置事項
○エチゼンクラゲ注意報発令
○ (済州、全南、慶南:6.16/釜山:7.29/蔚山、慶北:8.7/江原:8.19)
○ミズクラゲ注意報発令(全南、得糧湾、慶南南海〜巨済/6.16)
○クラゲ大量出現および漁業被害発生時直ちに通知
○慶北、江原海域毒性クラゲ流入があるので注意および発生直ちに通知

■今後の展望
○注意報発令された全南、慶南、釜山〜江原海域にエチゼンクラゲ流入持続
○ミズクラゲ次第に減少傾向

付録1:出現クラゲ分布図
(クラゲ分布図の凡例:エチゼンクラゲ密集出現地域,:ミズクラゲ密集出現地域,:エチゼンクラゲ,:ミズクラゲ,:ユウレイクラゲ,:ウリクラゲ,:アカクラゲ,:キタミズクラゲ)

付録2:エチゼンクラゲとミズクラゲの出現頻度年変動

縦軸 エチゼンクラゲ出現頻度(%)
横軸 5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月
縦軸 ミズクラゲ出現頻度(%)
横軸 5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月

付録3:各地域別クラゲ出現率(%)

エチゼンクラゲ ミズクラゲ その他クラゲ
仁川 31.3 - -
京畿 25.0 - -
忠南 20.0 - -
全北 - - -
全南 13.8 10.3 6.9
慶南 35.5 16.1 3.2
釜山 35.7 21.4 -
蔚山 62.5 - -
慶北 50.0 25.0 5.0
江原道 33.3 25.0 -
済州島 - - -

<備考>
(地域別応答人員のうちクラゲの種類別発見者÷地域別応答人員)×100=地域別クラゲの種類別出現率
※クラゲ発見者が二つ以上の種を発見時それぞれのクラゲ出現率に反映される。
※モニタリング要員所属地域と操業地域が違うこともある。

掲載記事のアドレス
http://www.nifs.go.kr/jellyfish/jemo_news_detail.jsp?news_seq=2020100800&cPage=2

付録4:主要クラゲ分布の週間変動
(クラゲ種別分布図の凡例:エチゼンクラゲ 9月24日,9月29日,10月8日,:ミズクラゲ 9月24日,9月29日,10月8日, その他クラゲ:9月24日(キタミズクラゲ),9月29日(アカクラゲ),10月8日(ユウレイクラゲ,ウリクラゲ))

第528報

韓国沿岸におけるクラゲ情報(2020年09月29日)
-09月25日〜09月29日漁業者クラゲモニタリング要員及び地方自治体の協力による収集/分析資料である-

<状況>
○西海・南海・東海(原文ママ)・済州出現
・高密度出現海域
-全南、高興、羅老島近海
-慶南、南海弥助面沿岸
-慶南、統営蛇梁島、欲知島、晩地島沿岸
-釜山、広安里海水浴場、海雲台海水浴場付近、影島近海
-慶北、浦項、九龍浦港沿岸、蔚珍沙洞里-箕聖里沿岸
-江原、望祥海水浴場沿岸
・低密度出現海域
-仁川、徳積島沿岸、小青島近海
-京畿、安山鶉島付近
-京畿、安山、大阜島-霊興島の間、平沢、平沢港付近
-忠南、瑞山、浅水湾沿岸
-全北、群山開也島付近、扶安蝟島沿岸
-全南、新安可居島近海、海南、松旨面タンクッマウル沿岸
-全南、珍島、チュクト-独巨島間、宝城、徳良島付近
-全南、順天、順天湾沿岸
-慶南、南海康津湾、勿巾港沿岸、泗川、西浦面、三千浦港沿岸
-慶南、固城固城湾、紫蘭湾付近
-慶南、統営、樹牛島、閑山島、頭尾島、比珍島付近
-慶南、巨済東湖村、只心島付近
-釜山、影島、松亭沿岸
-慶北、浦項、迎日湾付近、浦項七浦港近海
-江原、三陟大津港近海
-済州、済州市近海

・出現率:9/17(45.8%) →9/24(46.7%) →9/29(37.3%)
※出現率は今週漁業者であるモニタリング要 員回答者(134人)中クラゲを観察した人数を百分率化した値で、大量出現の判断根拠に利用されることができない。


■措置事項
○エチゼンクラゲ注意報発令
○ (済州、全南、慶南:6.16/釜山:7.29/蔚山、慶北:8.7/江原:8.19)
○ミズクラゲ注意報発令(全南、得糧湾、慶南南海〜巨済/6.16)
○クラゲ大量出現および漁業被害発生時直ちに通知
○慶北、江原海域毒性クラゲ流入があるので注意および発生直ちに通知

■今後の展望
○注意報発令された全南、慶南、釜山〜江原海域にエチゼンクラゲ流入持続
○ミズクラゲ次第に減少傾向

付録1:出現クラゲ分布図
(クラゲ分布図の凡例:エチゼンクラゲ密集出現地域,:ミズクラゲ密集出現地域,:エチゼンクラゲ,:ミズクラゲ,:アカクラゲ,:キタミズクラゲ,:アカホシカブトクラゲ)

付録2:エチゼンクラゲとミズクラゲの出現頻度年変動

縦軸 エチゼンクラゲ出現頻度(%)
横軸 5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月
縦軸 ミズクラゲ出現頻度(%)
横軸 5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月

付録3:各地域別クラゲ出現率(%)

エチゼンクラゲ ミズクラゲ その他クラゲ
仁川 16.7 - -
京畿 42.9 - -
忠南 12.5 - -
全北 15.4 - -
全南 25.9 22.2 -
慶南 47.7 6.8 2.3
釜山 55.6 22.2 -
蔚山 - - -
慶北 60.0 - -
江原道 100.0 50.0 -
済州島 50.0 - -

<備考>
(地域別応答人員のうちクラゲの種類別発見者÷地域別応答人員)×100=地域別クラゲの種類別出現率
※クラゲ発見者が二つ以上の種を発見時それぞれのクラゲ出現率に反映される。
※モニタリング要員所属地域と操業地域が違うこともある。

掲載記事のアドレス
http://www.nifs.go.kr/jellyfish/jemo_news_detail.jsp?news_seq=2020092900&cPage=2

付録4:主要クラゲ分布の週間変動
(クラゲ種別分布図の凡例:エチゼンクラゲ 9月17日,9月24日,9月29日,:ミズクラゲ 9月17日, 9月24日,9月29日,その他クラゲ:9月10日(アカホシカブトクラゲ),9月24日(キタミズクラゲ),9月29日(アカクラゲ))

第527報

韓国沿岸におけるクラゲ情報(2020年09月24日)
-09月18日〜09月24日漁業者クラゲモニタリング要員及び地方自治体の協力による収集/分析資料である-

<状況>
○高密度出現海域
-仁川、紫月島近海
-全南、莞島、薬山面-薪智面の間
-全南、高興、羅老島宇宙センター付近、順天鶴山里沿岸
-慶南、河東大島付近、南海弥助面、鶯江湾沿岸
-慶南、南海勿巾港-統営頭尾島間
-慶南、統営蛇梁島、欲知島、閑山島、比珍島付近
-慶南、統営、三千浦港近海
-釜山、影島、五六島、青沙浦付近
-釜山、五六島-松亭の間、広安里海水浴場、多大港沿岸
-蔚山、亭子洞外側海域、朱田港沿岸
-浦項、七浦里、虎尾串沿岸、二加里港、九龍浦港沿岸
-江原、墨湖港、大津港、東海港沿岸
-江原、江陵、注文津沿岸、襄陽水山港近海
・低密度出現海域
-仁川、小青島、舞衣島、月尾島近海
-京畿、平沢、平沢港沿岸
-忠南、泰安甕島、羅致島近海、保寧、外煙島付近
-全南、珍島、チュクト-独巨島間、タンクッマウル沿岸
-全南、莞島、金塘面沿岸、莞島黒日島、白日島付近
-全南、高興、徳良島付近、麗水狼島里付近
-慶南、泗川、三千浦、蛇梁島、西浦面沿岸
-慶南、統営、欲知島-巨済島の間
-慶南、巨済、只心島付近、固城、東海面付近
-釜山、冬栢島、松亭近海
-蔚山、朱田洞-方魚津の間、東区近海
-慶北、慶州月城原子力発電所付近、浦項良浦港、江沙里近海
-慶北、浦項、迎日湾、河亭里沿岸、蔚珍沙洞港沿岸
-江原、三陟大津港、徳山港近海
-江原、襄陽銅山港沿岸、高城コンヒョンジン沿岸
-済州、済州市近海

・出現率:9/10(33.0%) →9/17(45.8%) →9/24(46.7%)
※出現率は今週漁業者であるモニタリング要 員回答者(165人)中クラゲを観察した人数を百分率化した値で、大量出現の判断根拠に利用されることができない。


■措置事項
○エチゼンクラゲ注意報発令
○ (済州、全南、慶南:6.16/釜山:7.29/蔚山、慶北:8.7/江原:8.19)
○ミズクラゲ注意報発令(全南、得糧湾、慶南南海〜巨済/6.16)
○クラゲ大量出現および漁業被害発生時直ちに通知
○慶北、江原海域毒性クラゲ流入があるので注意および発生直ちに通知

■今後の展望
○注意報発令された全南、慶南、釜山〜江原海域にエチゼンクラゲ流入持続
○ミズクラゲ次第に減少傾向

付録1:出現クラゲ分布図
(クラゲ分布図の凡例:エチゼンクラゲ密集出現地域,:ミズクラゲ密集出現地域,:エチゼンクラゲ,:ミズクラゲ,:キタミズクラゲ,:アカホシカブトクラゲ,:アカクラゲ)

付録2:エチゼンクラゲとミズクラゲの出現頻度年変動

縦軸 エチゼンクラゲ出現頻度(%)
横軸 5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月
縦軸 ミズクラゲ出現頻度(%)
横軸 5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月

付録3:各地域別クラゲ出現率(%)

エチゼンクラゲ ミズクラゲ その他クラゲ
仁川 28.6 7.1 -
京畿 14.3 - -
忠南 27.3 - -
全北 - 11.1 -
全南 34.6 26.9 -
慶南 51.4 17.1 -
釜山 80.0 - -
蔚山 75.0 - -
慶北 70.0 - -
江原道 50.0 - 5.6
済州島 50.0 - -

<備考>
(地域別応答人員のうちクラゲの種類別発見者÷地域別応答人員)×100=地域別クラゲの種類別出現率
※クラゲ発見者が二つ以上の種を発見時それぞれのクラゲ出現率に反映される。
※モニタリング要員所属地域と操業地域が違うこともある。

掲載記事のアドレス
http://www.nifs.go.kr/jellyfish/jemo_news_detail.jsp?news_seq=2020092400&cPage=2

付録4:主要クラゲ分布の週間変動
(クラゲ種別分布図の凡例:エチゼンクラゲ 9月10日,9月17日,9月24日,:ミズクラゲ9月10日,9月17日, 9月24日,その他クラゲ:9月3日(キタミズクラゲ,アカクラゲ),9月10日(アカホシカブトクラゲ),9月24日(キタミズクラゲ))

第526報

韓国沿岸におけるクラゲ情報(2020年09月17日)
-09月11日〜09月17日漁業者クラゲモニタリング要員及び地方自治体の協力による収集/分析資料である-

<状況>
○西海・南海・東海(原文ママ)・済州出現
・高密度出現海域
-全南、高興、羅老島、居金島近海
-全南、順天、順天湾沿岸
-慶南、河東大島付近、南海弥助面、櫓島沿岸
-慶南、統営蛇梁島、欲知島、紅島、楸島付近、巨済、只心島付近
-釜山、影島近海、五六島、北兄弟島、青沙浦付近
-釜山、広安里海水浴場、海雲台海水浴場付近
-蔚山、朱田港沿岸
-慶北、浦項九万里、迎日湾沿岸
-慶北、浦項江沙里近海、盈徳丑山港-大津港の間
-江原、三陟富南里沿岸、三陟、徳山港近海、墨湖港沿岸
・低密度出現海域
-仁川、永宗島付近、小青島、舞衣島、八尾島近海
-忠南、羅致島、安眠島近海
-全北、群山開也島付近、群山巫女島近海
-全南、霊光、七山島付近、新安可居島近海
-全南、珍島、チュクト独巨島間、莞島、金塘面沿岸、得糧湾付近
-慶南、泗川、三千浦、新水洞沿岸、固城紫蘭島付近
-慶南、統営、樹牛島、閑山島沿岸、慶尚大学統営キャンパス付近、巨済眼鏡島近海
-慶北、浦項、迎日湾内側、浦項、虎尾串、九龍浦項近海
-慶北、蔚珍沙洞里-箕聖里の間、蔚珍厚浦里近海、鬱陵島-江原の間
-江原、襄陽南涯港付近
-済州、済州市近海

・出現率:9/3(61.3%) → 9/10(33.0%) →9/17(45.8%)
※出現率は今週漁業者であるモニタリング要 員回答者(153人)中クラゲを観察した人数を百分率化した値で、大量出現の判断根拠に利用されることができない。


■措置事項
○エチゼンクラゲ注意報発令
○ (済州、全南、慶南:6.16/釜山:7.29/蔚山、慶北:8.7/江原:8.19)
○ミズクラゲ注意報発令(全南、得糧湾、慶南南海〜巨済/6.16)
○クラゲ大量出現および漁業被害発生時直ちに通知

■今後の展望
○注意報発令された全南、慶南、釜山〜江原海域にエチゼンクラゲ流入持続
○ミズクラゲ次第に減少傾向

付録1:出現クラゲ分布図
(クラゲ分布図の凡例:エチゼンクラゲ密集出現地域,:ミズクラゲ密集出現地域,:エチゼンクラゲ,:ミズクラゲ,:アカホシカブトクラゲ,:キタミズクラゲ,:アカクラゲ)

付録2:エチゼンクラゲとミズクラゲの出現頻度年変動

縦軸 エチゼンクラゲ出現頻度(%)
横軸 5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月
縦軸 ミズクラゲ出現頻度(%)
横軸 5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月

付録3:各地域別クラゲ出現率(%)

エチゼンクラゲ ミズクラゲ その他クラゲ
仁川 26.7 13.3 -
京畿 - - -
忠南 16.7 16.7 -
全北 18.2 9.1 -
全南 36.7 26.7 -
慶南 53.8 23.1 -
釜山 71.4 - -
蔚山 66.7 - -
慶北 84.6 7.7 -
江原道 100.0 - -
済州島 100.0 - -

<備考>
(地域別応答人員のうちクラゲの種類別発見者÷地域別応答人員)×100=地域別クラゲの種類別出現率
※クラゲ発見者が二つ以上の種を発見時それぞれのクラゲ出現率に反映される。
※モニタリング要員所属地域と操業地域が違うこともある。

掲載記事のアドレス
http://www.nifs.go.kr/jellyfish/jemo_news_detail.jsp?news_seq=2020091700&cPage=2

付録4:主要クラゲ分布の週間変動
(クラゲ種別分布図の凡例:エチゼンクラゲ 9月3日,9月10日,9月17日,:ミズクラゲ 9月3日,9月10日,9月17日,その他クラゲ:9月3日(キタミズクラゲ,アカクラゲ),9月10日(アカホシカブトクラゲ),9月17日(出現なし))

第525報

韓国沿岸におけるクラゲ情報(2020年09月10日)
-09月04日〜09月10日漁業者クラゲモニタリング要員及び地方自治体の協力による収集/分析資料である-

<状況>
○西海・南海・東海(原文ママ)出現
・高密度出現海域
-慶南、統営蛇梁島、欲知島、比珍島沿岸
-慶南、巨済、只心島沿岸
-釜山、影島近海
-慶北、浦項、迎日湾沿岸、蔚珍厚浦沿岸
-慶北、鬱陵島-江原墨湖港の間
-江原、江陵、注文津沿岸
・低密度出現海域
-仁川、八尾島、月尾島、松島付近
-仁川、舞衣島、白牙島、徳積島、紫月島近海
-京畿、始興、烏耳島付近、華城菊花島付近
-忠南、瑞山安島付近、保寧、外煙島沿岸
-忠南、群山シビドンバド島近海
-全南、莞島、薪智島付近
-慶南、南海弥助面付近、泗川、三千浦沿岸
-慶南、固城、豆布里付近、統営水月里、閑山島沿岸
-慶南、統営ネジ村付近、巨済北女島近海、浦項、九龍浦近海

・出現率:8/27(62.7%) →9/3(61.3%) → 9/10(33.0%)
※出現率は今週漁業者であるモニタリング要 員回答者(94人)中クラゲを観察した人数を百分率化した値で、大量出現の判断根拠に利用されることができない。


■措置事項
○エチゼンクラゲ注意報発令
○ (済州、全南、慶南:6.16/釜山:7.29/蔚山、慶北:8.7/江原:8.19)
○ミズクラゲ注意報発令(全南、得糧湾、慶南南海〜巨済/6.16)
○クラゲ大量出現および漁業被害発生時直ちに通知

■今後の展望
○第10号台風の影響で沿岸海域は鉛直混合および水温下降など海洋環境変動が発生して海況が安定した後クラゲの見通し

付録1:出現クラゲ分布図
(クラゲ分布図の凡例:エチゼンクラゲ密集出現地域,:ミズクラゲ密集出現地域,:ユウレイクラゲ密集出現地域,:アカクラゲ密集出現地域,:エチゼンクラゲ,:ミズクラゲ,:アカホシカブトクラゲ,:キタミズクラゲ,:アカクラゲ,:ユウレイクラゲ,:ギンカクラゲ)

付録2:エチゼンクラゲとミズクラゲの出現頻度年変動

縦軸 エチゼンクラゲ出現頻度(%)
横軸 5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月
縦軸 ミズクラゲ出現頻度(%)
横軸 5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月

付録3:各地域別クラゲ出現率(%)

エチゼンクラゲ ミズクラゲ その他クラゲ
仁川 53.8 - -
京畿 25.0 - -
忠南 27.3 18.2 -
全北 - 9.1 -
全南 5.0 30.0 -
慶南 47.8 17.4 4.3
釜山 100.0 - -
蔚山 - - -
慶北 100.0 - -
江原道 100.0 - -
済州島 - - -

<備考>
(地域別応答人員のうちクラゲの種類別発見者÷地域別応答人員)×100=地域別クラゲの種類別出現率
※クラゲ発見者が二つ以上の種を発見時それぞれのクラゲ出現率に反映される。
※モニタリング要員所属地域と操業地域が違うこともある。

掲載記事のアドレス
http://www.nifs.go.kr/jellyfish/jemo_news_detail.jsp?news_seq=2020091000&cPage=2

付録4:主要クラゲ分布の週間変動
(クラゲ種別分布図の凡例:エチゼンクラゲ 8月27日,9月3日,9月10日,:ミズクラゲ 8月7日,9月3日,9月10日,その他クラゲ:8月27日(ユウレイクラゲ,アカクラゲ,ギンカクラゲ),9月3日(キタミズクラゲ,アカクラゲ),9月10日(アカホシカブトクラゲ))

第524報

韓国沿岸におけるクラゲ情報(2020年09月03日)
-08月28日〜09月3日漁業者クラゲモニタリング要員及び地方自治体の協力による収集/分析資料である-

<状況>
○西海・南海・東海(原文ママ)出現
・高密度出現海域
-忠南、群山十二東波島近海
-全北、扶安上旺嶝里付近
-全南、霊光大角氏島-小角氏島の間、高興、羅老島宇宙センター付近
-全南、高興、羅老島近海、宝城、得糧湾沿岸、麗水狼島里付近
-慶南、南海弥助面沿岸、泗川、西浦面沿岸、統営蛇梁島、欲知島沿岸
-慶南、統営、欲知島-比珍島の間、統営、欲知島-巨済島の間
-慶南、巨済外島付近、昌原鎮東湾、行岩湾沿岸
-釜山、五六島、北兄弟島、広安里海水浴場付近
-釜山、影島、岩南洞近海、五六島-松亭青沙浦の間
-蔚山、朱田港、方魚津港沿岸、亭子洞近海
-慶北、慶州月城原子力発電所、水念港付近
-慶北、浦項、九龍浦港、良浦港、大甫港、二加里港沿岸
-慶北、浦項、虎尾串、河亭村、江沙里沿岸
-慶北、浦項、九龍浦-甲区の間、盈徳丑山港-大津港の間
-慶北、盈徳大津港-柄谷面沿岸
-慶北、蔚珍トンジョン港、沙洞港沿岸、蔚珍徳新海岸、厚浦沿岸
-江原、三陟大津港、徳山港近海、墨湖港近海
-江原、東海港沿岸、江陵、注文津沿岸、襄陽銅山港沿岸
・低密度出現海域
-仁川、小青島、徳積島、紫月島、霊興島、蚕津島、舞衣島、仙甲島付近
-仁川、大伊作島-徳積島の間
-忠南、泰安、安眠島近隣、瑞山安島-長安灯台の間
-全南、珍道、チュクト-独巨島間、莞島、薪智島付近
-慶南、統営頭尾島、閑山島、比珍島付近
-慶南、統営、慶尚大学統営キャンパス付近
-慶南、固城臥島、虎岩山、豆布里付近
-釜山、加徳島、冬柏島近海、大辺港付近
-蔚山、東区、蔚気灯台付近、亭子港沿岸
-慶北、浦項河亭3里沿岸
-江原、三陟荘湖港、近徳面沿岸、大津港沿岸
-江原、襄陽ムルチ港、洛山港沿岸

・出現率:8/20(54.0%)→8/27(62.7%) →9/3(61.3%)
※出現率は今週漁業者であるモニタリング要 員回答者(160人)中クラゲを観察した人数を百分率化した値で、大量出現の判断根拠に利用されることができない。


■措置事項
○エチゼンクラゲ注意報発令
○ (済州、全南、慶南:6.16/釜山:7.29/蔚山、慶北:8.7/江原:8.19)
○ミズクラゲ注意報発令(全南、得糧湾、慶南南海〜巨済/6.16)
○クラゲ大量出現および漁業被害発生時直ちに通知
○エチゼンクラゲ高密度出現にともなう全海岸モニタリング強化

■今後の展望
○9号、10号台風による海洋環境の変動で、今後、海洋環境が安定後にクラゲの追加流入などの見込みを予想

付録1:出現クラゲ分布図
(クラゲ分布図の凡例:エチゼンクラゲ密集出現地域,:ミズクラゲ密集出現地域,:ユウレイクラゲ密集出現地域,:アカクラゲ密集出現地域,:ビゼンクラゲ密集出現地域,:エチゼンクラゲ,:ミズクラゲ,:キタミズクラゲ,:アカクラゲ,:ユウレイクラゲ,:ギンカクラゲ,:ビゼンクラゲ)

付録2:エチゼンクラゲとミズクラゲの出現頻度年変動

縦軸 エチゼンクラゲ出現頻度(%)
横軸 5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月
縦軸 ミズクラゲ出現頻度(%)
横軸 5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月

付録3:各地域別クラゲ出現率(%)

エチゼンクラゲ ミズクラゲ その他クラゲ
仁川 53.8 - -
京畿 - 11.1 -
忠南 37.5 25.0 -
全北 7.7 15.4 -
全南 38.1 14.3 -
慶南 64.7 11.8 2.9
釜山 85.7 7.1 7.1
蔚山 100.0 - -
慶北 100.0 - -
江原道 93.3 6.7 6.7
済州島 - - -

<備考>
(地域別応答人員のうちクラゲの種類別発見者÷地域別応答人員)×100=地域別クラゲの種類別出現率
※クラゲ発見者が二つ以上の種を発見時それぞれのクラゲ出現率に反映される。
※モニタリング要員所属地域と操業地域が違うこともある。

掲載記事のアドレス
http://www.nifs.go.kr/jellyfish/jemo_news_detail.jsp?news_seq=2020090300&cPage=2

付録4:主要クラゲ分布の週間変動
(クラゲ種別分布図の凡例:エチゼンクラゲ 8月20日,8月27日,9月3日,:ミズクラゲ 8月20日, 8月7日,9月3日,その他クラゲ:8月20日(ビゼンクラゲ,ユウレイクラゲ,アカクラゲ),8月27日(ユウレイクラゲ,アカクラゲ,ギンカクラゲ),9月3日(キタミズクラゲ,アカクラゲ))

第523報

韓国沿岸におけるクラゲ情報(2020年08月27日)
-08月21日〜08月27日漁業者クラゲモニタリング要員及び地方自治体の協力による収集/分析資料である-

<状況>
○西海・南海・東海(原文ママ)・済州出現
・高密度出現海域
-全北、於青島近海
-全南、珍島、チュクト-独巨島間、海南、松旨面タンクッマウル沿岸
-全南、高興、羅老島宇宙センター付近、高興、羅老島近海
-慶南、河東大島付近、泗川、三千浦港沿岸、統営蛇梁島近海
-慶南、統営ネジ村内側、統営、欲知島、比珍島、楸島、クウルビ島付近
-慶南、巨済外島付近、南海弥助面近海、南海鶯江湾付近
-釜山、五六島-松亭の間、公須防波堤、北兄弟島、広安里海水浴場付近
-釜山、太宗台、多大港、影島、青沙浦沿岸、加徳島、冬柏島近海
-蔚山、朱田港、方魚津港沿岸、朱田沿岸海岸、江東海岸付近、亭子洞近海
-慶北、浦項、九龍浦港近海、浦項、虎尾串近海
-慶北、浦項河亭里、九万里、迎日湾、大甫港、二加里港沿岸
-慶北、浦項大冬背1,2マイル地先、浦項江沙里近海、慶州月城原子力発電所付近
-慶北、慶州水念港沿岸、蔚珍沙洞港沿岸、蔚珍後亭海岸、徳新海岸付近
-慶北、盈徳丑山港-大津港の間、盈徳、柄谷面付近、盈徳亀渓港近海
-慶北、鬱陵島-江原、墨湖港の間
-江原、三陟富南里沿岸、三陟大津港近海、大津港、墨湖港沿岸
-江原、望祥海水浴場付近
-済州、牛島付近
・低密度出現海域
-京畿 華城六道付近
-仁川、松島LNG付近、徳積島沿岸
-全南、新安巌泰島付近、莞島、金塘面沿岸、莞島黒日島付近
-慶南、固城、東海面沿岸、南浦項、紫蘭湾付近、泗川、西浦面、新樹洞沿岸
-慶南、統営、樹牛島沿岸、統営、慶尚大学統営キャンパス付近
-釜山、海雲台海水浴場付近
-蔚山、東区近海
-江原、墨湖港近海

・出現率:8/13(51.3%) →8/20(54.0%)→8/27(62.7%)
※出現率は今週漁業者であるモニタリング要 員回答者(169人)中クラゲを観察した人数を百分率化した値で、大量出現の判断根拠に利用されることができない。


■措置事項
○エチゼンクラゲ注意報発令
○ (済州、全南、慶南:6.16/釜山:7.29/蔚山、慶北:8.7/江原:8.19)
○ミズクラゲ注意報発令(全南、得糧湾、慶南南海〜巨済/6.16)
○クラゲ大量出現および漁業被害発生時直ちに通知
○エチゼンクラゲ高密度出現にともなう全海岸モニタリング強化
○全国沿岸毒性クラゲ出現にともなうモニタリング強化
-全国沿岸毒性クラゲに刺される事故注意要請

■今後の展望
○エチゼンクラゲ全海岸出現増加
○全南、慶南一部海域でミズクラゲ密集出現
○釜山、蔚山、慶北、江原毒性クラゲ密集出現増加

付録1:出現クラゲ分布図
(クラゲ分布図の凡例:エチゼンクラゲ密集出現地域,:ミズクラゲ密集出現地域,:ユウレイクラゲ密集出現地域,:アカクラゲ密集出現地域,:ビゼンクラゲ密集出現地域,:エチゼンクラゲ,:ミズクラゲ,:ユウレイクラゲ,:アカクラゲ,:ギンカクラゲ,:キタミズクラゲ,:ビゼンクラゲ)

付録2:エチゼンクラゲとミズクラゲの出現頻度年変動

縦軸 エチゼンクラゲ出現頻度(%)
横軸 5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月
縦軸 ミズクラゲ出現頻度(%)
横軸 5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月

付録3:各地域別クラゲ出現率(%)

エチゼンクラゲ ミズクラゲ その他クラゲ
仁川 36.4 - -
京畿 25.0 - -
忠南 - 33.3 -
全北 8.3 8.3 -
全南 35.0 35.0 10.0
慶南 64.4 15.6 4.4
釜山 88.2 23.5 5.9
蔚山 100.0 - -
慶北 100.0 3.6 3.6
江原道 70.6 5.9 5.9
済州島 25.0 - -

<備考>
(地域別応答人員のうちクラゲの種類別発見者÷地域別応答人員)×100=地域別クラゲの種類別出現率
※クラゲ発見者が二つ以上の種を発見時それぞれのクラゲ出現率に反映される。
※モニタリング要員所属地域と操業地域が違うこともある。

掲載記事のアドレス
http://www.nifs.go.kr/jellyfish/jemo_news_detail.jsp?news_seq=2020082700&cPage=2

付録4:主要クラゲ分布の週間変動
(クラゲ種別分布図の凡例:エチゼンクラゲ 8月13日,8月20日,8月27日,:ミズクラゲ 8月13日,8月20日, 8月7日,その他クラゲ:8月13日(ビゼンクラゲ,キタミズクラゲ,ユウレイクラゲ,アカクラゲ),8月20日(ビゼンクラゲ,ユウレイクラゲ,アカクラゲ),8月27日(ユウレイクラゲ,アカクラゲ,ギンカクラゲ))

ページの先頭へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ