1. トップページ
  2. 組織の概要
  3. 所長挨拶

組織の概要

所長挨拶

日本海区水産研究所長 本多 仁

日本海区水産研究所長 本多 仁(ほんだ ひとし)

 日本海区水産研究所は、「日本海海域における水産資源、水産海洋、増養殖等に関する研究開発を行う研究所」と定められており、名の示すとおり日本海の水産業に関することを大きな守備範囲としています。日本海には、皆さんよくご存じのとおり、ヒラメ、ブリ、クロマグロ、アカアマダイ、アカムツ、ハタハタ、サクラマス、スルメイカ、ホタルイカ、ズワイガニ、ホッコクアカエビ、シラエビ、エッチュウバイ、などなど美味しい水産物が豊富です。最近の日本海では、地球温暖化の影響なのか、水温の上昇や大型クラゲ等有害生物の出現、スルメイカやブリの漁場の変化など、これまでとは異なった状況が現れ、日本海の水産業を脅かしています。これらの状況をしっかりと見極め、適切に対応して日本海の水産業をもっともっと盛り上げていかなければなりません。
 当所が所属する国立研究開発法人水産研究・教育機構は、平成28年4月に、国立研究開発法人水産総合研究センターと独立行政法人水産大学校を統合して設立されました。 水産業をめぐる状況や政府方針等及び農林水産大臣から示された中長期目標を踏まえ、平成28年度から平成32年度までの中長期目標期間においては、研究開発成果の最大化を見据えた研究開発業務と水産業を担う中核的な人材を育成する人材育成業務にそれぞれ重点的に取り組むとともに、両業務の相乗効果を生み出し水産日本の復活に貢献することとしています。
  特に、研究開発業務においては、水産資源を適切に管理するために必要な研究開発、漁業や養殖業の健全な発達と安全な水産物の供給に関する研究開発、さらに、それらの基盤となる技術開発、海洋・生態系モニタリング、次世代水産業の創成に係る研究開発等を行うこととしています。これらの目標を達成するために立てられた新たな中長期計画(平成28年度~平成32年度)の初年度となる平成28年度の業務開始にあたり、私ども日本海区水産研究所職員は、日本海の海洋環境と水産資源を、永続的に維持しながら利用し、次の世代に引き継ぐために、研究開発を通して日本海における水産業の発展に貢献する決意を新たにしています。 今後とも、日本海地域の関係機関をはじめ皆様との連携協力により、日本海の水産業のさらなる活性化と発展を目指して調査・研究に邁進して参りますので、引き続きご支援・ご指導をよろしくお願いいたします。

平成28年4月

国立研究開発法人 水産研究・教育機構  
日本海区水産研究所 所長  本 多  仁