1. トップページ
  2. 組織の概要
  3. 資源管理部
  4. さけます調査普及グループ

資源管理部

さけます調査普及グループ

研究内容

  • 本州日本海におけるサケマスのふ化放流に関わる技術開発と調査を行っています。(図1・2)
  • 秋田県から富山県に所在するサケマスふ化場への技術普及と講習を行っています。(図3・4)

図1.サケ稚魚の適正な放流時期とサイズを明らかにする技術開発

図1.サケ稚魚の適正な放流時期とサイズを明らかにする技術開発
サケの卵の時期に飼育水温を上下することにより、平衡をつかさどる頭部にある耳石にバーコードのような標識が付きます。3~5年後に河川回帰した親魚の頭部から耳石を取り出して標識を確認し、回帰率を求めることにより、適正な放流方法を開発します。

図2.サケ親魚の年齢組成調査

図2.サケ親魚の年齢組成調査
調査河川は、秋田県川袋川、山形県月光川、新潟県三面川・名立川、富山県庄川、石川県手取川、合計6河川です。

図3.秋田県から石川県に所在するサケマスふ化場の位置図

図3.秋田県から石川県に所在するサケマスふ化場の位置図
・図中の●は、ふ化場の位置
・秋田県13ヶ所、山形県13ヶ所、新潟県21ヶ所、富山県7ヶ所、石川県1ヶ所、合計55ヶ所のふ化場があります。

図4.ふ化場の担当者を参集した講習会風景

図4.ふ化場の担当者を参集した講習会風景
秋田県、山形県、新潟県、富山県において年に1回ずつ、技術普及の際に観察された留意点、ふ化場からの要望事項及び新しく開発された技術について、ふ化場担当者に参集していただき、講習会を開催しています。

28年度の主な研究開発課題等

本州日本海側のサケマスの資源、環境・生態及びふ化放流に関する技術に関わる調査を実施するとともに、その成果を秋田県から富山県までのサケマスふ化場へ技術普及します。

これまで(調査普及課当時)の研究成果等

グループの構成

  • グループ長:阿部 邦夫
  • 主任技術員:江田 幸玄
  • 技術専門員:水澤 亮馬