1. トップページ
  2. 組織の概要
  3. 資源管理部
  4. 沿岸資源グループ

資源管理部

沿岸資源グループ

研究内容

 沿岸資源研究グループでは、青森県から山口県までの日本海沿岸の各府県と協力して沿岸魚業の対象となっている漁業資源の生態や管理方策に関する研究を行っています。また、ヒラメ、マガレイ、マダイに関しては、資源評価(その魚がどのくらいいるのかを推定し、どれだけ漁獲しても大丈夫かを算定すること)を行っています。

1.沿岸魚類資源の生態に関する調査研究
 効率的な資源管理や種苗放流技術開発のためヒラメ、アカアマダイ、アカムツの仔稚魚期から成魚期まで分布、移動、成長、食性など広く生態調査を行っています。ヒラメ、アカムツは日本海北部海域、アカアマダイは日本海中部海域が主な調査海域になります。

新潟県岩船漁港での水揚物調査(ヒラメ)

新潟県岩船漁港での水揚物調査(ヒラメ)

板曳調査で採集されたアカアマダイ

板曳調査で採集されたアカアマダイ

ボンゴネットで採集されたアカムツの浮遊期仔魚

ボンゴネットで採集されたアカムツの浮遊期仔魚

2. 沿岸魚類資源の資源評価に関する調査研究
 ヒラメ日本海北・中部系群(青森県の日本海側から兵庫県)とマガレイ日本海系群(青森県の日本海側から新潟県)について、海の中にどれくらいの魚がいて実際にどれくらい漁獲しているかを明らかにし,資源を維持・増大させるためにはどのような獲り方やどれくらいの種苗放流が適正なのかの提言を毎年行っています。また、マダイ日本海北・中部系群については、漁獲量を集計して資源の動向を把握しています。

平成22年度のヒラメの資源評価結果(水産庁委託 資源評価調査事業)

平成22年度のヒラメの資源評価結果(水産庁委託 資源評価調査事業)

3.砕波帯に出現する幼稚魚の生態に関する調査研究
 日本海沿岸に広がる砂浜は,多くの魚類が稚魚期を過ごす成育場として重要な機能を持っています。その中でも特に砕波帯(波打ち際)に出現する魚種の生態研究を通して,自然な状態の砂浜の砕波帯の重要性の解明に取り組んでいます。荒波が打ち寄せる真冬の日本海の砕波帯でも,アユやサケの稚魚がたくましく生活しています。

真冬の砕波帯での命懸けの調査

真冬の砕波帯での命懸けの調査

23年度の主な研究開発課題等

1.日本海砂浜・陸棚資源の診断手法の開発と変動要因の解明
23-27年
ヒラメ、アカアマダイ、アカムツ等の日本海の砂浜・陸棚域に生息する魚類資源の管理に役立てるため、生態と漁業に関する研究を始めました。

2.我が国周辺水域資源評価等推進委託事業「ヒラメ日本海北・中部系群」、「マガレイ日本海系群」、「マダイ日本海北・中部系群」
23-27年
海の中にどれくらいの魚がいて実際にどれくらい漁獲しているかを明らかにし,資源を維持・増大させるためにはどのような獲り方やどれくらいの種苗放流が適正なのかの提言を行っています。

これまでの研究成果等

1.日本海北部におけるヒラメの資源変動予測(日本海R&T 4号 8-9頁)PDFサイズ 584KB
 日本海北部(青森県から富山県)沿岸におけるヒラメの生態と漁業についてまとめています。また、各年の資源量を推定し、ヒラメ資源の変動の様子を明らかにしました。

2.日本海中部におけるヒラメの放流効果の試算(水研センターHP 2007水産研究成果情報)
 日本海中部(石川県から兵庫県)沿岸におけるヒラメの資源量を推定し、放流効果を試算しました。その結果、ヒラメ資源量全体の約1割が放流魚であることがわかりました。また、放流魚が産卵に加わることによる資源増大効果も試算しています。

グループの構成

  • グループ長:後藤 常夫
  • 研究員:飯田 真也
  • 研究員:八木 佑太
  • 臨時職員:3名