1. トップページ
  2. 組織の概要
  3. 資源環境部
  4. 生物生産グループ

資源環境部

生物生産グループ

研究内容

  • 海洋では、植物プランクトンによる基礎生産から数次の生産段階を経て水産資源が維持されています。海水中の無機栄養塩類は太陽エネルギーを利用した植物プラ ンクトンの光合成活動によって有機物へと変換され、食物連鎖によって植食性動物プランクトン、雑食性・肉食性動物プランクトン、さらには魚介類など高次の生物へと伝達されます。
  • このようなエネルギーや物質の流れは、特に日本海では、マイクロネクトンという小型遊泳動物との餌の競合や捕食-被食の関係によって複雑な仕組みとなっています。
  • 生物生産グループでは、プランクトン、マイクロネクトンなどの種組成や現存量、それらの季節・経年変動に関する知見を蓄積すると共に、低次生産から浮魚・底魚など高次生産に至る生物生産過程の鍵を握る生物種の生理・生態、被食-捕食関係など種間相互作用、さらに高次生物の再生産過程について研究を行い、日本海におけるプランクトン生産と重要水産資源の漁場形成や資源変動との関係の解明に役立てようとしています。
  • また日本海の陸棚以深は表層生産物に支えられてカレイ類、ズワイガニ類、エゾバイ類等、多様な底生魚介類(ベントス)の重要な漁場となっています。このようなベントス生息場の海洋環境、食物網構造、環境評価指標等に関する調査、解析を実施し、漁場の有効な利活用やモニタリングに資する研究を行っています。
  • 漁場環境及び生態系保全の推進の一環として、地球温暖化や流出油汚染が海洋生態系に及ぼす長期的影響、並びに大型クラゲが生物生産系に及ぼす影響に関する研究にも取り組んでいます。

プランクトン(魚のえさ)の役割とその生活

プランクトン(魚のえさ)の役割とその生活
(クリックすると拡大します)

地球温暖化と海洋プランクトン

地球温暖化と海洋プランクトン ~地球の安全を守る生き物たち~ (クリックすると拡大します)

採泥器による化学分析用海底表層堆積物の採取

採泥器による化学分析用海底表層堆積物の採取

アカガレイの重要餌料である深海性クモヒトデ類

アカガレイの重要餌料である深海性クモヒトデ類

23年度の主な研究開発課題等

  • 海洋環境の変化に伴った日本海における餌生物と浮魚類高次生産者との連関の変遷の解明 (H23-27:運営費交付金):日本海における海洋環境の変化がどのように餌生物の組成や分布に影響し、それがさらに浮魚類高次生産者(いわし類)に影響を及ぼすのかを明らかにする。
  • 大型クラゲ発生源水域における国際共同調査事業(水産庁受託):対馬海峡における大型クラゲの分布状況を博多・釜山間の国際フェリーで目視調査する。
  • 有害生物漁業被害防止総合対策事業(その他受託事業):日本海における大型クラゲの分布状況を調査船調査から把握するとともに、大型クラゲが分布する海域の海洋環境を調べる。
  • 国際資源評価調査事業(クロマグロ)(水産庁受託):日本海西部海域におけるクロマグロ仔魚の分布状況を把握するとともに、クロマグロ仔魚が分布する海域の海洋環境及び餌生物を調べる。

これまでの研究成果等

  • 整理中

グループの構成

  • グループ長:井口 直樹
  • 主任研究員:木暮 陽一
  • 任期付研究員:児玉 武稔
  • 研究等支援職員:馬場 孝
  • 臨時職員:1名