1. トップページ
  2. 組織の概要
  3. 資源環境部
  4. 浅海環境グループ

資源環境部

浅海環境グループ

研究内容

  • 浅海環境グループは、日本海沿岸の水産資源の増大をめざして、主に藻場と砂浜における資源生物と環境との関係を調べています。日本海を代表する藻場としてガラモ場とアマモ場があります。藻場では、光合成による有機物生産(一次生産)が活発に行われ、生産された有機物を出発点として様々な生物の「食う-食われる」の関係が成立し、多くの資源生物を含む一つの生態系が形づくられます。日本海の海面漁業における魚種別漁獲生産額では、「海藻類」は「サザエ」や「アワビ」と同レベルであり、サザエ、アワビの餌が海藻であることを考慮すると、日本海の浅海岩礁域の漁業資源として海藻の果たす役割は大きいと言えます。また、日本海沿岸は海藻の食文化が発達しており、ワカメ、ツルアラメ、アカモク、ホンダワラ、モズク、エゴノリなどが様々な形態で流通し、消費されています。これらの海藻は手頃な価格で販売されており、いわゆる贅沢品としてではなく、一般庶民の生活に密着した食材となっています。近年、日本各地で藻場の衰退が報告されていることから、予想される環境変動を念頭においた藻場の維持・管理・利用のため、野外調査や室内実験に基づいて、環境変動が藻場の生産力、分布、餌料供給機能に及ぼす影響を明らかにするための研究を行います。
  • 潮汐の振幅が少ない日本海沿岸では、大規模な干潟は発達せず、代わって砂浜が発達しています。このような砂浜沿岸域は、ヒラメ等の稚魚や渡り鳥の索餌場として重要であり、水産業や観光業に利用されているだけでなく、干潟に代わる水質浄化や防災等の国土保全の最前線ともなっており、様々な人間活動が営まれています。かつて新潟市周辺の海岸線は、信濃川と阿賀野川から供給される土砂によって幾重もの砂丘が発達する典型的な砂浜でした。しかし、明治以降深刻な海岸浸食をうけ、護岸や突堤や離岸堤等が相次いで建設されました。現在ではこれらの人工構造物によって一連の砂浜が短く分断化された状況となっています。この分断化にともなう環境変化が、砂浜沿岸漁場にどういう影響を与えているのか知るために、魚類の餌となるアミ類やヨコエビ類が、どのような立地条件の砂浜に数多く生息するかを調査しています。砂泥底に生育する生物の生存条件を左右する重要な環境指標として、底質の硬度を測定する手法を開発し、底質の硬度が実際の生物の分布や行動にどのように作用するかを、野外調査や室内実験によって研究しています。

粟島(新潟県)のガラモ場(水深5m)

粟島(新潟県)のガラモ場(水深5m)

佐渡島(新潟県)のアマモ場(水深15m)

佐渡島(新潟県)のアマモ場(水深15m)

浅海砂泥域の漁場環境研究

浅海砂泥域の漁場環境研究(クリックすると拡大します)

23年度の主な研究開発課題等

  • 一般研究「藻場の変動実態と原因の解明」:佐渡島の藻場で調査。
  • 一般研究「環境変化が海藻類の生産力や生活形に及ぼす影響の評価」:新潟と佐渡島の藻場・海藻で調査・実験。
  • 一般研究「砂浜沿岸域における餌料生物生産構造特性の解明と幼稚魚生息環境評価法の開発」:新潟周辺の砂浜沿岸域の底生生物群集組成を調査。
  • 一般研究「開放性砂浜域での二枚貝の生息環境評価と資源回復技術の開発」:新潟周辺の砂浜沿岸域において二枚貝類の生息状況を調査。
  • 農林水産省プロジェクト研究「藻場の分布と餌料供給機能に及ぼす温暖化の影響評価」:日本海の藻場を中心に広域スケールでの調査と室内実験。
  • 水産庁事業「漁場環境生物多様性指標等開発事業」:佐渡のアマモ場において標本採集調査。
  • 水産庁事業「沿岸域環境診断手法開発事業」:北部日本海砂浜域の漁場環境調査とヒラメに関する・漁獲および生態情報の収集。
  • 科研費基盤C「砂浜沿岸域における小型甲殻類の生産構造の空間的変異」:砂浜の立地条件と餌料小型甲殻類の生産構造の関連について調査

これまでの研究成果等

  • 整理中

グループの構成

  • グループ長:坂西 芳彦
  • 主幹研究員:高田 宜武