1. トップページ
  2. 組織の概要
  3. 資源環境部
  4. 海洋動態グループ

資源環境部

海洋動態グループ

研究内容

  • 海洋動態グループでは、対馬暖流、日本海固有水、暖水域・冷水域など日本海の物理的環境を特徴づける海洋構造とその変動機構を明らかにするための基礎的な研究を行っており、関係機関と連携して調査船による水温・塩分・流れ等の観測を実施するとともに、長期間にわたる流れの変動を把握するため、海中に設置した流速計による測流を実施しています。
  • また、人工衛星画像データや数値シミュレーションモデル解析に基づいた海況変動過程に関する研究を行い、日本海の漁業資源を有効利用するために欠くことのできない海況予測手法の高度化と環境モニタリング手法の開発に役立てようとしています。
  • さらに、日本海において2002年以降頻繁に大量出現するようになった大型クラゲ(エチゼンクラゲ)の分布状況を、調査船による採集結果に基づいて把握するとともに、モデルによる出現予測を行うなど、大型クラゲによる漁業被害を軽減するための調査・研究も実施しています。

日本海は暖かい、それとも冷たい?

日本海は暖かい、それとも冷たい?(クリックすると拡大します)

23年度の主な研究開発課題等

  • 対馬暖流域における流動構造モニタリングの高度化(H23-27運営費交付金):隠岐諸島~佐渡島における対馬暖流沿岸・沖合分枝流域の流動構造を実測し、数日周期から季節、経年変動特性を把握するとともに、海面高度データ等を用いたモニタリング手法の開発を行なう。
  • 資源変動要因分析調査事業(水産庁受託):日本海の主要資源であるズワイガニ、スルメイカ、スケトウダラの資源変動要因を解明するため、卵~仔稚魚・幼生期における分布・生き残りに及ぼす海洋環境の影響について調べるとともに、その研究の基盤となる海況予測システムの高度化を図る。
  • 大型クラゲ発生源水域における国際共同調査事業(水産庁受託):大型クラゲによる漁業被害を軽減するため、日本海における大型クラゲの出現予測モデルの高度化を図る。
  • 有害生物漁業被害防止総合対策事業(その他受託事業):日本海における大型クラゲの分布状況を調査船調査から把握するとともに、大型クラゲが分布する海域の海洋環境を調べる。日本海における大型クラゲの出現予測を実施し、関係機関に情報提供する。
  • 放射能調査研究(文科省受託):日本海における放射能のモニタリングを実施する。

これまでの研究成果等

  • 整理中

グループの構成

  • グループ長:井桁 庸介
  • 主任研究員:本多 直人
  • 任期付研究員:和川 拓
  • 任期付研究員:阿部 祥子
  • 研究等支援職員:伊藤 雅
  • 研究等支援職員:久賀 みづき
  • 臨時職員:1名